2006年11月19日

愛国心の強制

今日は推奨商品はないけど、ちょっと気になることをコメントしたいと思います。
教育基本法とかいうのを改定しようと法案を通すんだか通したんだかという状況らしい。
こういう時点で政治に興味がなく、こんなことをコメントできる資格はないということになるが、あまりにも今の安倍内閣の戦争へ向かった体制が恐ろしく感じられたので、資格とかいってられずにコメントしようと思う。

この教育基本法の問題になっている部分は愛国心という部分だが、要は総理である安倍氏が妙にこだわる美しい日本作りにおいて愛国心がなきゃダメだって言ってる。
その愛国心ってそもそも何?ってはなしに話になるが、国だろうが人だろうが愛というものは強制するものではないと思う。
好きなら好きでかまわないが、どこの世界に好きということを強制させる国があるのだろうか?
そんなの軍国主義の国しかない。
この国を愛するならお国のために死んで来い!って言っているようなものだから。
教育基本法というベールに包まれて、国を愛することを法律で強制させるような総理大臣にいったい誰がついていくのだろうか?
まず、一番感受性の強い子供たちが敏感に反応した。
「やめてくれ!」と。選挙権を持たない彼ら(彼女ら)は自分たちの学校で自分たちで話し合い、やはり「おかしい」という事実に気づいた。
そこでこの教育基本法はおかしいという抗議の文を首相宛に送ったのだ。
署名つきで。分別のある大人なら、ましてや一国を代表する総理大臣ならそれなりに真摯な対応で返答するべきなのに、彼の取った行動はどこかの圧力団体を通じてその学校に脅迫文として匿名で送りつけたのだ。
恐らく総理大臣は「そんなこと知らない」と言い張るだろうが、安倍総理あてに送ったものがすぐに他の暴力団のようなところから返答がくるというのは明らかに精通している証拠だ。もし本当に知らなかったとしても、総理大臣という肩書きがある以上、知らないでは済まされない。
15歳の学生はこの国の将来に不安を大いに感じたことだろう。
いったい今の大人たちは何をやっているのだ?
大人たちがこんな卑劣ならイジメなんかなくなるわけがないじゃないか。
教育基本法くそくらえと思っているに違いない。
そもそもこの教育基本法自体がよくわかっていないが、決して悪いことばかりじゃないはずだ。
そんなこともこの愛国心の強制があるおかげで、全てが否定されるということにもなりかねない。しかもこのような一部の非礼な大人たちのために。
教育基本法の見直しは本当に強行採決などせずにしっかりと吟味してもらいたい。そして、この教育基本法の対して意見書を送った学生たちに総理は知っていようが知らなかっただろうが、一度侘びを入れるべきだ。
それが総理としての、いや大人としての礼儀だ。
そしてこの教育基本法に関して自ら話し合い、教育基本法を勉強して、教育基本法に対しての意見書を送った学生は将来を託せる学生たちだ!!
posted by コー at 08:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27785376

この記事へのトラックバック

【女を狂ったようにイカせるセックステクニック】
Excerpt: パンツをぐちょぐちょにし、愛液を溢れ出させる愛撫の10倍加速極意や、Gスポットで簡単にイカせ、潮を噴き出させるセックステクニック等、セックスのプロが伝授!!
Weblog: 女をイカせるセックステクニック
Tracked: 2006-11-19 09:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。